秋霖恋バナ日和

娘が見えなくなってしまってから、私が使い続けている彼女の持ち物の中に、雨傘があります。


かれこれ五年は使い続けているので色褪せてはきましたが、小ぶりで軽くて細身、なのにけっこう頑丈な作りなので重宝していたのですが、電車の中に置き忘れたまま、出先の駅で降りてしまったことに気がつきました。


以前も何度か失くしかけたり、置き忘れたこともありましたが、それでも取り戻してきた大切な傘です。

それこそパニックを起こして、なみだ目になって、電車で引き返して遠くの町へ取りに向かったこともありましたが…

この日は違いました。


「あっ」と気づいて振り向いたときには、電車の扉が閉まって発車してしまったのに、案外冷静だったのです。



 ――ああ、そろそろ、そういう時かもしれないな。



娘亡きあと、様々な意味で私の心身の『傘』になってくれていた雨傘。

もう手放しても良い頃だったということなのかどうなのか。


切ない想いはあるものの、その時は本当に落ち着いた気持ちで、これまでならありえないほど冷静に、ただ『ありがとう』の気持ちで満たされたので、そのままでその日は過ごしました。



ところがです。


たまたまなのですが、たった一人ブロ仲間さんにその話をするタイミングがありまして、すぐに返信があり、

有ちゃんの傘は取りに行って下さい!

きっと有ちゃんもお気に入りで壊れる迄使っていたと思うので

という、ズバッとした返信がきたのです。



 “壊れるまで使っていたと思うので”


……思うことはありましたが、その夜はそのままに、朝を迎えました。




翌日が晴れだったら、また違っていたのかどうなのか。

今朝は小雨のさいたま市内でした。


窓の外を見ていたら、やっぱりあの傘は壊れるまで使ってあげようか!と、思い立ったのです。

(女心と秋の空?)


『JR忘れ物お問い合わせ窓口』に電話しましたが、なかなか繋がらないものですね(^_^;)。

30分くらい連続で電番をタップし続けて、やっと繋がり、乗っていた電車の線名、時間等詳細を伝えることができました。


亡き娘の傘は、その日私が乗っていた電車の終着駅である群馬県『高崎駅』の、お忘れ物窓口に届けられていたようです。


見つからなければ見つからないで、今の私なら悔やまずに、この先は過ごしていける『モノ』だったとは思いますが、でも…

 “壊れるまで使っていたと思う”と、あのタイミングで即答くださったブロ仲間さんにも感謝します(^^)。


五年前、私のために買った和柄蛇の目傘を初めて差すことにもなりました。

そして亡き娘の傘を、お迎えに行ってきました。


新幹線なら往復一時間以内で行ける高崎駅(←初めて降り立つ駅)。

わざと湘南新宿ラインを使い、往復三時間強でまったりランデブーコースで、行きも帰りも、久しぶりに亡き娘とふたりっきり、長時間の対話タイムに恵まれました。


その内容は、



恋バナ。


向かって左 五年目にして初めて差したおニュー傘。

向かって右 この五年間お世話になった有ちゃんの傘。



📷photo/きんとぎん様

(二輪のデカい秋桜が揺れてるようにも見えなくもないじゃない?)



そういや、したことないよなぁ。

有ちゃんとは、恋バナなんて。


好きなコはいたのだろうか。

憧れの先輩なんかもいたのだろうか。

どんなコが好みだったのかな。

星のしずく*管理人




◆自死遺族の集い

星のしずく・インフォメーション


自死遺族 家族友達サポート にほんブログ村(自死遺族)

さいたま自死遺族の集い*星のしずく

大切な人に自死(自殺)で先立たれ 深い悲しみの中におられる方へ * 『星のしずく』は埼玉県さいたま市で、自死遺族だけで運営している自助グループコミュニティです。

0コメント

  • 1000 / 1000